企業様が外国人技能実習生の受け入れに当たって必要な要件です。

技能実習生受入れ要件

外国人技能実習制度は、国と国との技術交流を目的とした制度です。そのため、技能実習生を受入れる企業は適正に制度を理解し、実施することが求められます。

1.会社の業種職種が、技能実習認定職種に該当していること

技能実習認定職種については、技能実習受入れ可能職種のページをご覧下さい。


2.ベテラン職員を技能実習指導員、生活指導員に充てること

技能実習生は技能の修得を目的としていますので、相応の経験(同一職種の経験5年以上が目安です)を持つ従業員を技能実習指導員、生活指導員として配置して下さい。


3.過去に外国人技能実習生に関する不正行為を行っていないこと

外国人技能実習制度に関する不正行為は絶対にあってはなりません。不正行為を行った企業及び経営者は、不正行為の内容により一定期間技能実習生を受入れることができません。


4.不法滞在外国人を雇用していないこと

不法滞在外国人を雇用しないことはもちろん、不法就労等に一切関わってはなりません。


5.現在技能実習生を受入れていないこと(ご相談下さい)

海外技能実習生送出機関や出身国、出身地の異なる技能実習生が混在することは、無用のトラブルの原因となります。


6.法定三帳簿等が完備されていること

出勤簿又はタイムカード、賃金台帳又は給与明細控、労働者名簿を作成し、事業所内に備え付けて下さい。その他、労働基準監督署への届出、技能実習記録の整備が求められます。


7.労働保険及び社会保険に加入していること

労働保険は、労災保険・雇用保険、社会保険は健康保険・厚生年金保険です。