外国人技能実習生を受け入れることで、企業が受けられるメリットです。

技能実習生を受入れるメリット

1.向上心旺盛な若者による企業の活性化

技能実習生として来日する若者は、素直で、仕事に取り組む姿勢が真面目です。技能実習生を受入れることで、貴社のベテラン従業員や新入社員、アルバイト・パートの方にも良い影響を与えることにもなります。


2.基礎技術を習得済みのため、教育が容易

技能実習生は貴社の職種の経験者です。また、入国前に日本語(日常会話・専門用語)や日本の生活習慣を最低3ヶ月間教育しますので、新入社員のように1から教育する必要がありません。


3.職場の改善や生産性の向上

常にフレッシュな技能実習生を受け入れて技能等を指導することにより、他の従業員が刺激を受け、職場の改善や安全衛生及びコンプライアンス意識の向上につながります。


4.企業の国際化、販路の拡大を実現

海外進出の際、人材の確保と教育は頭を悩ませるところです。技能実習生を帰国後に自社(現地)で雇用すれば、その問題は一挙に解決します。現地採用一切なしで、日本で技能実習を修了した若者を随時現地工場で雇用している企業もあります。
(※注:技能実習生は技能実習終了後、来日前に勤務していた企業に戻り、日本で学んだ技術を活用する業務に従事する必要があります。現地採用は同一職種同一作業での採用を行って下さい)


5.優秀な人材を安定して受け入れ

技能実習生として来日したいと希望する若者は大勢います。募集人数に対して3倍〜5倍の応募がありますので、優秀な人材を受入れることが可能です。また、来日後の管理についても、当組合と中国側送出機関とで協力して対応しますので、技能実習生の指導に専念できます。