外国人技能実習生の受け入れに係る費用です。ここにない費用は一切必要ありません。

組合加入費用

技能実習生受け入れ事業を利用する、しないに関わらず、当組合に加入するために必要な費用です。

入会時の費用

組合入会金 3万円(内1万円は出資金、退会時は返金となります)

組合年会費

組合年会費 3万円(年一括払い。分割の場合は月3千円)

技能実習生受入れ費用について

当組合は、外国人技能実習制度の趣旨に鑑み、組合員企業様になるべくご負担をお掛けしないよう、必要最小限の費用となるように運営しております。組合に費用がかからない分を、できるだけ技能実習生への福利厚生等に充てて頂きたいと考えています。

法定講習時の費用

技能実習生の入国時にかかる費用です。技能実習生の入国までに納入頂く費用で、原則一括納入となります(分割納入(最大3回まで)も可能ですので、ご相談下さい)。

技能実習生の入国後は、最初に320時間(所定の要件を満たすことで160時間に短縮可能)の講習を行うことが義務づけられています。
当組合は、160時間講習となるように要件を整えております。講習時の費用は、下表の通りです。

技能実習生受入れ費用概算シミュレーション
技能実習生受入れ監理費用比較
技能実習生渡航費用 約6万円/人
申請書類作成・取次費用 1.5万円/人/回
雇い入れ前健康診断費用 1万円+税/人
160時間講習費用
(320時間の場合は2倍)
7万円/人
(宿泊費、テキスト代、法的講習等の講師費用)
講習手当
(320時間の場合は2倍)
5万円/人
(技能実習生の講習期間中の生活費)

毎月の費用

改定された外国人技能実習制度の指針の通り、監理団体(組合)は技能実習実施機関(企業)を監理する立場となります。そのため、当組合では技能実習生1人当たりに対する費用ではなく、1企業単位での監理費としております。

なお下記組合監理費用のとおり、技能実習生1人当たりの費用で計算した場合でも、技能実習生1人当たりにかかる経費は継続年度が増す毎に軽減されるよう、運営しております。

技能実習生給与 毎月の給与(地域の最低賃金以上)
労働保険料
社会保険料
技能実習生を受入れる企業は、公的保険(労働保険・社会保険)への加入が必須です。
組合  監理費用 5万円/社/月(技能実習生3人まで)
9万円/社/月(技能実習生6人まで)
12万円/社/月(技能実習生9人まで)
※3人未満や9人超の場合はご相談下さい。
送出  管理費用 1万円/人/月

その他の費用

育英会費用 1万5千円/人/3年(任意加入です)
査証印紙代 8千円/人(4千円×2回(2年目・3年目))
書類作成・取次費用 3万円/人
(書類作成費用1.5万円×2回(2年目・3年目))
技能検定費用 1回約2万円/人(職種により異なります)
技能実習生総合保険 11,425円(22,850円/人/3年)
(補償期間3年。技能実習生と企業で折半)
技能実習生帰国費用 5万円(帰国時の航空券代。時期により変額)
技能実習生受入れ費用概算シミュレーション
技能実習生受入れ費用比較